最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年2月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  

一枚の値段の注意点

空とこいのぼり

横断幕は、昔の時代は手書きで作成していたものでした。
何しろ今のように高性能で便利な印刷プリンターが普及していなかったのですから、それも無理からぬことです。
しかし、今は印刷技術の進歩によって、以前からは考えられないような大判プリンターも開発されました。
もちろん、その普及も進んでいます。
それゆえ、少し規模が大きくて設備の整った印刷会社に頼めば、美しい仕上がりの幕をプリントしてもらうことも可能となったのです。
ただし、その価格には注意が必要です。
と言うのも、幕の印刷単価は通常、メートル単位です。
しかし、文字だけではなくてイラストや写真が入れば価格は高くなります。
また、黒一色ではなくてカラー印刷となる場合も、その分、価格は上昇するのです。
そのことは、垂れ幕やのぼりなどでも同じことが言えます。

特徴について

こうした横断幕などは、チラシやパンフレットなどの通常の印刷物とは違って、少部数であることが多いのが大きな特徴です。
たとえばチラシ印刷ならば、普通は数百枚から数千枚の印刷枚数となることは当たり前です。
逆に言えば、「チラシを一枚だけ印刷して欲しい」などという極めて割高な仕事の依頼などは、皆無と言ってもいいくらいです。
しかし垂れ幕などの依頼であるならば、「一枚だけ欲しい」というお客さんはザラにいます。
このような少部数の印刷物ならば、オンデマンド印刷こそが便利です。
オンデマンドとは、要求に応じてくれるという意味です。
このオンデマンド印刷だからこそ、たった一枚からの印刷物でも気軽に注文することができるのです。
そう考えると、今は昔の時代に比べて少部数印刷技術が飛躍的に向上したと言えます。

3Dプリンターの登場

今、話題になっているプリンターに、3Dプリンターがあります。
これは立体的なオブジェを忠実に再現してくれるという優れ物です。
この3Dプリンターが、もしも大判プリンターと合体したらどうなるでしょうか。
仮にそれが実現したら、実物大のマイホームなども簡単にコピーできるようになるかもしれません。
そうなると、建築物も従来よりも安上がりに造れるようになる可能性があります。
もちろん、その実現にはコストや素材の耐久性などの課題は沢山あります。
しかし、様々な分野で夢のような可能性が広がってゆくことは確かです。
そんな素敵な未来を本当に実現することができるかどうかは分かりません。
しかし、夢を見ないことには何も始まらないのも確かなことではないでしょうか。

オススメリンク

場所を把握する

安いにしろ高いにしろ垂れ幕等を作らせる場合には利用する場所の…Read more

関連リンク

    場所を把握する

    安いにしろ高いにしろ垂れ幕等を作らせる場合には利用...

    Readmore

    業者選びが鍵

    応援様に必要な横断幕はメッセージ性をアピールする上...

    Readmore

    大量に用意する

    横断幕は一般的には応援等に使われる物ですが垂れ幕や...

    Readmore